読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 インフラエンジニアへの道 Linuxの教科書 本当に読んでほしいroot入門講座

基礎からしっかりと勉強する必要があるだろうとのことで、友達から本を借りて勉強してみました。

こちらから抜粋 

www.amazon.co.jp

コンテンツは

  1. root養成講座
  2. shellの使い方
  3. ディストリビューション
  4. パッケージとパッケージマネージャー

 です。

  1.  root養成講座について
  • rootとはシステム管理者のこと(ユーザーがシステムを安心して使えるように動作させる責任を負う)
  • コマンドの紹介

⭐️su.......機能:権限の変更 書式:suを単独で

使い方:ターミナルにsuを入力するとパスワードを聞かれるので答えると#になってroot権限での操作が使える

⭐️rpm......機能:red hatlinuxでパッケージのインストールや削除

    書式:rpm -i ファイル名 ここでのiはインストール

rpm(Redhat Package Manager)

⭐️yum....機能:cent os, red hat enterprise linuxのパッケージ管理

    書式:yum install パッケージ名

⭐️apt-get....機能:debianlinuxでパッケージのインストールや削除 

      書式:apt-get install パッケージ

ちなみにdebian系とred hat??という方はこちらから

【2015年】初心者にオススメなLinuxディストリビューション

 カーネル

  • オペレーションシステムの中核:ハードウェアとやりとりする

ユーザランド

Linuxを使う

シェル

ディストリビューション

パッケージとパッケージマネジャー

  • パッケージ:Linuxに対して追加機能を提供するもの
  • パッケージマネジャー:パッケージのインストールやアップデートを簡単にするもの。